たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1805号 たった一言でコンテスト受賞作品★スマイル賞★『なんのために私がいると思ってるの』

<掲載時のお名前>だっちさん
<住所>岐阜県

<心に響いた「たった一言」>
「なんのために私がいると思ってるの」

<「たった一言エピソード」>
私は、人間がきらいだ。私をいつうらぎるかわからない。いつ私のもとをはなれていくかわからない。わからないからきらいだった。本当の自分を知っている人はたぶん3人くらいしかいないと思う。

私はいやな事があると、すべてをためこむ性格だった。その時の私は部活で先輩にいじめられ、部活をやめようとしていた。そんな時、「ねえ、今日、ひま?」そう声をかけてくれる3人がいた。

話をしてるうちにこの3人なら話してもきらわれないと思い、思っていることをすべて話した。
「なんのために私がいると思ってるの?」
その言葉を聞いたしゅんかん家でなきすぎてカラッカラにかわいていた目から涙があふれていた。私のなかで思っていた事すべてふきとんでしまった。

次の日は、なんにもこわくなかった。私には、3人の親友ができた。学校も楽しくなった。私は、3人をとても大切で一生忘れてはいけないそんざいであると思った。