たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1778号 たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『周りの人に助けられた分自分の周りの人を助けたり』

<氏名>大森さん
<学校名・学年>大阪府立かわち野高等学校

<心に響いた「たった一言」>
「周りの人に助けられた分自分の周りの人を助けたり」

<「たった一言エピソード」>
私は小さいころとても体が弱く、基本家か病院に居ました。外に出て遊ぼうとしてもすぐに息切れや喘息でしんどくなりました。そのせいもあり周りには友達も少なく遊び相手がいませんでした。母はそんな自分とずっと一緒にいてくれました。母はずっと家に居てもあかんと、よく散歩や買い物に連れて行ったり、家では工作など物づくりを一緒にしてくれました。

ある日、喘息を和らげる薬をもらいに病院に行った時私は母に、

「人には出来ることと、出来ないことがあるから自分に出来ることを探して、周りの人に助けられた分自分の周りの人を助けたり」

と言われ、私は多くの人に助けてもらい今では色々なスポーツができるまでになり、私は介護福祉職に就職が決まりました。