たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1848号 たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『毎朝「今日も目が覚めてよかったーー」って思うよ』

<掲載時のお名前>ロミーナさん
<年齢>21
<性別>女性
<住所>島根県隠岐郡

<心に響いた「たった一言」>
『毎朝「今日も目が覚めてよかったーー」って思うよ』

<「たった一言エピソード」>
高校の時の友達の何気ない日常会話の中の一言です。

『毎朝「今日も目が覚めてよかったーー」って思うよ』

当時はあまり深く考えることはなかったのですが、年をとるにつれて深く考え、この言葉に助けられることも多くなりました。

その友達は、中学時代に長期入院を経験した友達でした。命に関わる病気ではありませんでしたが、当時友達が入院していた病院には苦しい治療を受けていた子供たちも数人入院していたという話も聞いたことがありました。

この経験があるからこそ思うことなのだろうと、今になり理解できるようになりました。そして、このような経験をした友達に言われたからこそ心に響き、今でも忘れられない一言になったのではないかなと私はおもいます。