たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

月別で見る

いいお話、両親もうなずいています

No.150【2006.03.07】Tさん
小島様 志賀内様いつも興味深く、貴メルマガ、貴誌を拝読させていただいています。
本日は、「勇気の物語」をご掲載いただきまして心より感謝申し上げます。
次回は私が目撃した話題などをご連絡できたらいいな、と思っております。多くの人々に勇気と元気を与えるこのご活動に敬服しております。ますますのご発展をお祈り申し上げます。

No.149 【2006.02.13】Iさん
プレゼント届きました。 ありがとうございます。いいお話ですね。 両親も読みながら うなずいています。

No.148 【2006.02.03】Kさん
プチ紳士活動を通じて、自分の中で葛藤があります。
与えて、与えて、与え続ける事。
見返りを求めず、自分のマスターベーションでいい、社会に親切にする事、相手を満足に満たしていく事。
そんな事を念頭に、日々をすごしています。
でも、自分が理解できないときがあるんです。
「自分だったら、顧客満足のために、こうする」という事を、相手に要求してしまう事。
例えば以前、オルゴール館の話があったと思います。
施設側の勝手な判断が、顧客の不満足を生み出したのは事実。
読者は、不満足を不満足とせずに受容された事に、「私には出来ないな」と思っていました。
もしも事例が、もっと時間的、経済的に逼迫した場面だった場合、それでも許すべきなのでしょうか。
仕事では、間違いや遅滞が許されないケースも多々あります。
間違いや遅滞を防止する為に、あらゆるケースを想定し、対応を準備する訳ですがそれを、他人にも求めてしまうのは、間違いなのでしょうか‥‥。

‥‥今、ココまで書いていて気がつきました。恥ずかしながら。。。
”あらゆるケース”っていうことは、成功に向かう全てのケースしか考えていなかったんです

ね。私。
逆転のケースというか、負の場合も考えて、準備しなきゃいけないんですね。。。
そうですよね。間違ってないですよね。
つまり私は自分に都合のいいケースしか想像できなかったというわけだ。。。
そうか。この気づきもまた、”ギブギブ”の存在のおかげ。
有難うございました♪
「気づきは築きの母」って言葉ご存知ですか?実践したいと思います。
回り道にも大きな収穫があるものですね。なんだか楽になりました(^^)b

No.147 【2006.02.02】Mさん
志賀内泰弘さま
おはようございます。いつも楽しくメルマガを読ませていただいております。
プチ紳士なお話しではございませんが、ジ~ンとしたお話しがありましたので、シェアさせていただきます。
まさに自分が置かれた状況とシンクロしているから、余計にジ~ンとしたのかもしれません。すでにご存じでしたらすみません。
今後ともよろしくお願いいたします。

No.146 【2006.01.23】Nさん
小島章裕・志賀内泰弘 様
はじめまして。
メルマガギブアンドギブメルマガ』を1/22号より購読させていただいてます。
以前メルマガ文庫を購読していましたので、小島さま、志賀内さまのことは存じておりました。
今回のメルマガのテーマである「プチ紳士」
初めて読ませていただきましたが、『昔の人のポジティブシンキングを見習おう!』
という考えかた、実に面白く、また元気が出る思いでした。
これからどんな言葉が聞けるのか?
楽しみです

No.145 【2006.01.14】Sさん
いつもありがとうございます。
先ごろ、知り合いから、とてもいい話がはいってきたのでお知らせします。
文庫や単行本の寄贈の依頼です。あて先は「地方鉄道を応援する有志の会」で、寄贈先は津軽鉄道です。
減りつづける鉄道利用者に心のこもったサービスを提供しようという駅員さんの想いが、人を通じて大きな動きに広がってきています。
わたしも読み終わって古本屋に持っていこうかなと思っていた本を寄贈することにしました。
そこでまずまっさきに思いついたのが、「ギブ&ギブで上手くゆく」と「元気がでてくる「いい話」」です。
これを一番上において、贈ろうと思います。
プチ紳士を探せ!運動事務局の方々に一報したくてメールしました。
以下に、まわってきたメールを添付します。

No.144 【2006.01.10】Kさん
小島章裕 さま
ありがとうございます。
私が1番最初とは、光栄です!ありがとうございます!しかも、これで日本列島制覇とは!
驚きと同時に、とても嬉しく感じています。支部はどのようにして設立されるのでしょうか?
北海道の支部の設立時はぜひともご連絡していただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

No.143 【2006.01.08】Oさん
小島様
相当遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
こちらは四八豪雪よりもひどいと言われる秋田県から書いています。現在積雪160cmくらい積もり、12月中に1回雪下ろしをしましたが、又やらないと行けない状況です。
昨年11月より商売柄(年賀状作成)企画ノ-ト見ている暇がなくなり、今去年の分を見てました。ちょっとこちらのコマ-シャル…もしもヒマがあったら添付ファイルにある写真展を見て頂きたくて。私の父の写真が展示されています。(私でなくて残念!)
今ではもう見ることの出来ない子供達の表情や風情、なんかとても懐かしくもあり寂しくもあります。と言うわけで今年も企画ノ-トを見て自分なりにかみ砕きヒントになることがあった
ら使わせて頂きます。今年も頑張ろう!プチ紳士にもなるぞ。

No.142 【2006.01.03】Kさん
志賀内さま
丁寧な返信ありがとうございます。まさに感動しました
N先生とは 特に久しいわけではなく「ラッキー」や「ハッピー」を読んでメールで何回かお話ししたくらいです。
その時に感動して それ以来メルマガをいただいております。
コーチングを学校教育にという発想ものすごく素晴らしいことです。
思わず、唸ってしまいました。私も23年も中学校の教員をしていていろいろな問題点を感じています。
なかなか 現状の枠組みでは(学校内で)問題解決ができずに、社会にでて問題点を考えています。
今までに船井幸雄にあこがれたり
齋藤一人の本を繰り返し読んだり
小林正観の追っかけをしたり
いろいろ 考えてきました
現状では コーチング的な取り組みをしようとしています。
志賀内さんも 名古屋の方で
なんとなく親しみを感じています
いつかは 名古屋発(Greater Nagiya Initiative)の
世の中にしたいなあと考えています

No.141 【2006.01.02】Kさん
あけまして おめでとうございます 
早速のメールありがとうございました。
添付メールも拝見しましたよ!(^。^)
新しい年を迎え、2006年が更に「ギブ&ギブ」の精神が広がっていく年になればいいですね!
私もその輪を広げて行ける様頑張ります。
本年を契機に、これからもどうぞよろしくお願い致します。プチ淑女を目指して

【カテゴリー:感想次の記事へ前の記事へ