たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

月別で見る

BLOGで紹介しました

No.140 【2005.12.30】Iさん
こんばんは♪プレゼント商品、「ギブ&ギブで上手くゆく」無事届いています。
明日から年末年始の旅行へ出掛けるので、道中で読もうと荷物に入れてあります。
チラ!と見たら凄く面白そうだったので。本当にありがとうございました。もうすぐ一年も終ろうとしています。
良い御年をお迎えください。

No.139 【2005.12.26】Mさん
先日は投稿文に対するて丁寧なお返事ありがとうございました。やっぱり皆さんプチ紳士ですね!(●^o^●)
「プチ紳士を探せ!運動」を私のブログで紹介させていただきました。
とてもいい運動だと思うので広まっていくといいですね♪
これからもちょくちょく紹介させていただきますね(^-^)
南国と言われる宮崎でも寒さが本格的になり、つい先日は雪が降りました。
スタッフのみなさまも体には気をつけてくださいね。それでは、よいお年を・・☆☆

No.138 【2005.12.25】Kさん
今、日曜朝am7:00。オフィスにひとりです。
今日のメルマガ。最後は涙で曇ってよく見えませんでした。休日出勤していてよかった。
明日なら、みんなの前で朝からPCに向かってぼろぼろ泣いていたら驚かれたでしょう。
まだ、9歳か10歳の子供でしたが、大切なものが何なのか、みんな知っていました。
涙の中で「どうしたらこんな子に育てられるのだろう」そんな想いが頭に浮かびました。
そしたら次にこんな言葉が聞こえてきました。「あなたがなればいいのだよ」
Merry X’mas.
素敵なプレゼントをありがとう。このプレゼントを、大切にします。

No.137 【2005.12.24】Iさん
小島章裕・志賀内泰弘 様
とても心が温まるお話を有り難うございます。
自分のうちも、貧しかったのですが、もっと貧しいうちはたくさんありました。
今のように残酷な事件はあまりなかったように思います。
感動致しました。有り難うございました。今日は心にこの物語を感じながら自分は今幸せだということに感謝したいと思います。それとまだ涙がでる事が嬉しかったのです。
日頃仕事に追われて、ゆっくり人生を振り返る事をしていないので、この正月にはゆっくり人生(残り少ない)を考えようと思っています。有り難うございました。

No.136 【2005.12.20】Mさん
プチ紳士を探せ!運動事務局御中
いつも、心にじ~んとしみるお話しをいただき、誠にありがとうございます。
読ませていただく度に癒されます。
電車で席を譲るだけでも、非常に勇気がいりますが、なるべく実行するようにしています。ホント小さなことですが、これが広がっていけば、日本もちょっとはよくなるのかな~って思っています。
最近、小学生が殺されたり、お金目当てで人が殺されるなんてことが横行していると思います。昔から異常な方はたくさんいたと思います。ただ、大人達が連携して(意識的ではなく、当たり前のように)、子供達を守っていたと思います。
今では、マンションの両隣の方の顔も名前も知らない、知りたくないなんてことが普通になってきています。こんなご時世だからこそ、ご近所さんのつながりを復活させる必要があるのではないかと思っています。
そのためにも、みなさまが推進されているプチ紳士を探せ!運動が一役を担っていると思います。ますますご活躍され、運動が広がることを希望いたします。

No.135 【2005.12.19】Hさん
小島さま
いつもいいお話のメールありがとうございます。「ブドウ」のお話しを知って昔の、一杯のそばを家族皆で分け合ったお話しを思い出しました。世知辛い世の中でブドウのお話しは是非皆さんにお伝えしたいですね。
22日は名古屋市の保育園でサンタのおじさんになって子ども達に「夢と希望のプレゼント」をさせて頂きます。
昨年のこと、
子どもたちは
「今まではウソのサンタだったあ」
「今年は本物のサンタさんがきたあ」
と喜んでくれました保育園から出る時園児たちが、お空に向かって「サンタさん ありがとう~」と思わず目頭が熱くなりました今年も園長先生のアンコールを頂き楽しみですいって来ま~す

No.134 【2005.12.19】Kさん
今日もメルマガですてきなお話を届けていただき、ありがとうございます。
小島さんの撮影された(?)雪景色がとても美しかったので、お便りしてみました。きれいな雪景色を見せていただき、トクした気分になりました。
早朝に雪かきされるとは……頭が下がります。ご苦労様でした(お隣の方も)。
地下鉄のリレーのお話も、とても心があたたまりました。
ひとりひとりの人が単発で席をゆずることはわりとありますが、何人かの人が互いに連携して動くのは、あまり見たことも(経験したことも)ないので、その電車に乗り合わせた人たちは、きっと優しい幸せな気持ちに
なったことでしょう。
みんなそれぞれプチ紳士の気持ちを持っているので、誰かが最初に動いたときに(それに触発されて)、一緒に動けるのだろうな、と思いました。

No.133 【2005.12.15】Yさん
初めまして。新潟でウェブ制作とメルマガ発行をしております。
先日の「一粒のぶどう」は感動しました。
つい、クライアントにメールをいたしましたら、お礼のメールをいただき、わたし自身も小島さまにお礼をせねば、と思い立ったしだいです。
以下、クライアントからのお礼の文面です。
▼▼▼▼▼
すばらしいお話をご紹介いただき、ありがとうございました。
感激して涙が出てきました。このサイトを「お気に入り」に登録しました。
このお話を見て、ふと思い出した事がございます。
社員教育とか、顧客満足などと、観念的・理論的な話では決して現場はよくならない。社員に、親孝行の実践を勧め
その体験談を発表させたら、あっという間に、すばらしい集団に変身したそうです。
能力がある、仕事ができる、資格がある、もちろん結構。
でも、優しさ、思いやりが人間の根本なのでしょう。
▲▲▲▲▲
今後も御社の益々のご発展を切に願っております。

No.132 【2005.12.14】Sさん
そうですよねモノ・カネはあとからついてくると思います。
これからも陰ながら、小島様や関わる方々に良いことが次々起きますよう、心からお祈り申し上げます。

No.131 【2005.12.14】Sさん
いつも楽しく拝読させて頂いております。
「一粒のぶどう」のお話ですが、心を打たれる思いです。
今年9月より開業しておりますが、平成10年開業時の整骨院から2件、乗っ取りに遭い、失っております。
整骨院コンサルティングを名乗る学校法人や整体、店舗展開グループです。
一時は自殺も考えましたが、紆余曲折を経て良き先輩や仲間に出会い、再々度の開業に結びつくことができました。
何もかも失った当時、守りたくても守れなかった方々がおります。
少しずつ不義理をお返ししたくて行方を捜しております。
僕は憐憫主義者ではありませんし、よけいな話を長々と伝えてしまいましたが、今回の小島様のメール配信内容には当時をフラッシュバックし、改めて皆さんにすまないと思う気持ちが再認識できました。
生きているうちに少しずつ恩返しや約束を果たしたいと思います。
悲しいことや楽しいと感じることも生きているうちですので。
まだ立ち上げたばかりで受付やスタッフを探しておりますが「人財」が集まり次第、御社様の配信なさった「一粒のぶどう」を社員教育の一環に是非使わせて頂きたいのです。
もしご了承頂ければ幸いですが、ほかにお願い申し上げる方々がおりますれば教えて頂けませんでしょうか…
長くなりましたが、小島様の人柄、ホスピタリティがよく伝わってまいります。
これからも陰ながら、小島様や関わる方々に良いことが次々起きますよう、心からお祈り申し上げます。

【カテゴリー:感想次の記事へ前の記事へ