たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1534号 ちょっといい話『強い心構えの「恩送り」』志賀内泰弘

すき焼き、しゃぶしゃぶで有名な三重県の四日市柿安では、
毎月一度、スタッフ全員から女将宛に「あったかシート」という名前の
「感動した話」を報告してもらっています。
その中で、こんなに目が留まりました。ホールのAさんの報告です。
 
    *    *    *    *
 
私が、バイクでガス欠して立ち往生してしまった時のことです。
横を通り過ぎるバイカー達が、
「大丈夫か?」
と何人も声を掛けてくれました。

 
さすがにガソリン携行缶を持っているバイカーは、なかなかいません。
そんな中、一人のバイカーが、車体を傾けてペットボトルに
ガソリンを分けてくれました。
 
下手をしたら、自分のバイクがキズついてしまうかもしれないのに、
見ず知らずの私のために。
それ以降、私は5リットルの携行缶を
常備してバイクに乗るようになりました。
 
そして、なんと3人のバイカーの助けになることができました。
これからも困った時は、知らぬ者同士でも
力を貸せる彼のように私もなりたいと思います。
 
    *    *    *    *
 
人から受けた「恩」を、その人に返すのではなく、他の人に回していくこと。
それを「恩送り」と言います。
例えば、路肩でハザードランプを点灯させて困っている車を発見。
どうやら、側溝に脱輪しているようで、車が傾いている。
急いではいるけれど、困った時は、互い様。
通りがかりの車が、3台も停車して、
みんなでヨイッショ!と持ち上げる。
 
脱輪した車の運転手は、みんなにお礼を言う。
そして、
「何か、お礼をさせてください」
と。
すると、助けた3人が揃って、
 
「なにもいりません。もし、同じように困った人がいたら、その人を助けてあげて下さい」
 
実は、今まで、「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動の事務局には、
同様の親切の「ちょっといい話」がたくさん寄せられました。
これぞ、典型的な「恩送り」です。
 
四日市柿安のスタッフのAさんのスゴイところは、
「恩送り」をするため、携行缶を常備して
バイクに乗るという準備をしていることです。
驚いたことに、なんと、3回もガス欠の人を
助けたことがあると言います。
 
一口に「恩送り」と言っても「いつか機会があったら」と、
忙しい日々の中で、気持ちが薄らいてしまうように気がします。
Aさんの強い心構えに、頭が下がります。
 
小さな行動でも、一人ひとりの「恩送り」が広がっていったら、
誰もが住みやすい、真の意味での豊かな国になることでしょう。