たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第660号 ちょっといい話『新潟のプチ紳士・ブチ淑女たち』志賀内泰弘

新潟県三条市の日の丸観光タクシーさんでは、
以前から「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動を応援して下さっています。

会社ぐるみで「プチ紳士」「プチ淑女」を探し、報告いただきました。
どれも心がポカポカになる「ちょっといい話」ばかり。

その中から、いくつか紹介させていただきます。

   *   *   *   *

◆「スマートでカッコ良かった」

三条病院喫煙所近くの濡れた道路に潰れた紙コップ。
拾ってゴミ箱にと思いましたが近くに見当たらず、
お客様をお乗せし、病院を出て行きました。

またまた三条病院に。潰れた紙コップはそのままでした。
捨てようかとどうしようと迷っていると30代位の女性がサッと拾って病院の中に。
その姿がスマートでカッコ良く見とれてしまいました。
次は躊躇することなく拾おうと思いました。

【志賀内】こういう場面で、エイッと拾える勇気ってスゴイですよね。
特にベタベタに濡れていると、「手が汚れると嫌だなあ」と思ってしまいます。
こういうことができる人のことを「カッコ良い」と言う投稿者にも尊敬します。

◆「小学生の元気な挨拶」

通学バス、必ず乗車時に「お願いします」、
降車時には「ありがとうございました」
と声をかけてくれます。

あいさつもできない大人が多いご時世に
しっかり挨拶できる小学生たちはプチ紳士・淑女です。

【志賀内】少なくも、私が子供の頃にはできませんでした。
子供達に脱帽です。

◆「大雪の朝、皆さん忙しいのに」

今冬のある朝、自宅から出ようとしたところ雪にはまって立ち往生。
家族に応援を頼もうとしていたら、それぞれ通りかかった三人の方々
(年配の男性、年配の女性、お子さんをオンブしたお母さん)が
集まり押してくれました。おかげで一分とたたずに脱出できました。

大雪の寒い中、朝の慌ただしい時間帯、自分のことだけでいっぱい、
いっぱいのはずなのに感謝感激でした。
朝から暖かい気持ちになりました。

【志賀内】雪国新潟らしいエピソードですね。
自分たちだって忙しい時間帯なのに、手助けかるなんで。
できそうでできないことです。

◆「逆に傘を差し出されました」

雨です。ホテルにお客様をお迎え。傘を差し出してお客様をタクシー車内に。
お荷物が多くトランクに何回かで入れていたところ、
車内から出てこられて逆に傘を差しだされました。

【志賀内】「自分は客だから、やってもらって当然・・・という
態度じゃないところが心を打ちます。
そんな人になれるように心掛けたいものです。

以上のお話は、日の丸観光タクシーさんのホームページの
「社内プチ紳士・プチ淑女運動」から抜粋させていただきました。

一度、覗いてみてくださいね。
http://www.hinomarukankou.co.jp/koe/