たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第823号 ココロのメルマガ小説『ずっとずっと決めていたこと 前編』志賀内泰弘

安藤彩也香は・・・泣いていた。
来店されるなり、高橋のお婆ちゃんが頭を下げた。

「ユタカさん、ありがとうね。おかげで、
 お爺さんも天国に安心して行けましたよ」

高橋のお婆ちゃんの旦那さんが亡くなってから、もう2週間が経つ。
通夜にも告別式にも参列させてもらった。

彩也香にとって、思い出深い夫婦だった。

ドラッグユタカの滋賀県の店舗に着任早々、
高橋のお婆ちゃんと仲よくなった。

畑で採れた野菜だと言って、買い物に来るたび持って来てくれた。
アルバイトの子たちも含め、みんなで分けていただいた。

毎月、一度、高橋のお婆ちゃんは大量の買い物に訪れた。
消毒液、脱脂綿、ビニール袋、介護用のおむつ・・・。
そう、お婆ちゃんは自宅で、脳梗塞で倒れた旦那さんの介護をしているのだ。
もう7年になると、前任の店長から聞いていた。

息子さん二人は、家を出て遠くで働いているらしい。
長男さんからは「一緒に暮らそう、東京へ来ないか」と言われているが、
頑なに拒んでいると耳にした。
お爺さんが、自分の生まれ育った家で死にたいと言っているのだという。

老々介護。辛くないはずがない。
でも、高橋のお婆ちゃんは、けっして暗くない。
お店にやってくるなり、いつもケタケタと笑う。

「こんな形のキュウリができてな。
 みんなに見せようと思って持ってきたんよ。チンポコみたいじゃろ」

学生アルバイトのユージの「アソコ」に、
そのキュウリを押し付けては、たまケタケタと笑う。

ところが、そんな元気のかたまりのお婆ちゃんが畑仕事をしていて、
腰をやられてしまった。

「車の運転ができないので、持って来てくれないか」

と電話があり、彩也香は心配になって飛んで行った。
部屋には、民生委員さんと、ヘルパーさんが来てくれていた。

「お婆ちゃん、老人ホームに入った方がよくない?」
「大丈夫、すぐに治る」

と言い、腰をさすった。
彩也香は、ちょっとだけホッとした。顔色は悪くない。
「痛てて」と言いながらも、壁を伝って部屋の中を歩くこともできる。

「おむつとか、どこへ運びましょうか」
「隣の部屋へ頼むわ」

と、遠くから指を差された。ふすまの扉を開ける。

「え!」

彩也香は、目の前に迫るようにそびえ立つ山に驚いた。
そこは、仏壇のある座敷だった。

ずっと使われていないらしく、納戸のようになっていた。
その広い畳の部屋いっぱいに積み上げられていたのは、
ティッシュペーパーと介護用おむつだった。

いったい、どれくらいあるのか見当もつかない。
ドラックユタカの店頭の在庫よりも多いことは間違いない。
6か月分、いや1年分ちかくもありそうだ。

「そこへ積み上げておいとくれ~」

遠巻きにお婆ちゃんの声が聞こえた。

(これはどういうことなの?)

彩也香は、ひょっとして・・・と訝しんだ。
お店に来るときは、かなりしっかりしっかり者に見えた。

でも、実は、相当に認知症が進んでいるのではないか。
目の前に、こんなにもストックがあるのだ。
忘れて買い置きしているわけではなさそうだ。

昔、親戚のおばさんに聞いたことがある。
認知症の症状の一つとして、買い物依存症が出るというのだ。

叔父さんもそうだった。いつも吸っているマイルドセブンライト。
机の上にも、ポケットにも入っているのに、
自動販売機を見ると買ってしまうのだった。
たくさん手元に置いておかないと、不安になるらしい。
そのため、いつも100箱以上の買い置きがあった。

(息子さんに連絡をして、一度病院に連れて行ってもらった方がいいかも)

彩也香は、介護用のおむつの山を見ながら、溜息をついた。

それから5日後のことだった。
高橋のお婆ちゃんが、元気な姿を見せた。

「もう大丈夫」

と、大きなカボチャを3つも抱えてレジに置いた。

「みんなで食べてな」
「ありがとうございます」
「それから・・・またこれだけ用意してくれんかな。
 車の運転もできるようになったから、自分で持って帰るから」
「はい、私が用意します」

と答え、彩也香がメモ用紙を受け取った。

 (え!?)

そこには、ついこの前、配達したばかりの商品が羅列してあった。
あの、座敷に山となっていた介護用のおむつも。やっぱり認知症・・・。

「いんだよ、その通りで」

高橋のお婆ちゃんに、そんな心を読まれてしまったようだ。

「・・・で、でも」
「あんた、なんで介護用のおむつばっかり、
 たくさん買い込むんだろうかって、不思議に思っているんだろう」
「え?・・・は、はい」
「あまり人には言わんでな」

《後編は来週の木曜日号で》

※この物語は、岐阜県大垣市に本社を置く(株)ユタカファーマシーが
展開するドラッグユタカで実際にあったエピソードを元に小説化したものです。