たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1707号 ちょっといい話『恥ずかしくなりました』志賀内泰弘

今日は、愛知県蒲郡市のペンネーム「サンコン」さんから投稿を紹介させていただきます。

*   *   *   *   *

ある日とのこと。サンコンさんが出勤しようと表に出ると、可燃ゴミの収集場に置いてあったゴミが、散乱していたそうです。そう、猫の仕業です。出勤の時間に間に合わなくなるといけないので、そのまま横を通り過ぎて出掛けました。 次の日、また収集場を通ると、ゴミが散らかったままになっていました。誰も片付けず、そのままになっていました。サンコンさんも横目で見ながら、出社しました。

一週間くらい経った日のことです。仕事を終えてトボトボと家に向かい歩いてくると、小学2年生くらいの二人の女の子が、あのゴミを片付けているのが目に止まりました。ほうきもチリトリも持っていません。二人とも軍手をして、市の指定のゴミ袋に入れています。母親など保護者の姿はありませんでした。
サンコンさんは言いました。 「ありがとう。手伝おうか」 すると、 「もう終わるから大丈夫です」 と答えました。サンコンさんは言います。
「自分は、ありがとう、としか言えませんでした。一週間も、わかっていたのに知らん顔をしていたのです。ゴミ収集の仕事の人か、他の誰かがやってくれると思っていたのです。まさか、幼い女の子が掃除してくれるとは・・・。自分が恥ずかしくなりました」

*   *   *   *   *

「負うた子に教えられ浅瀬を渡る」 まさしく、このことわざの通りですね。