たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1468号 ほろほろ通信『ねえ、桜見にいかない?』志賀内泰弘

春日井市の岩田ゆう子さん(70)は、長くご主人の病気の看病・介護をしていた。
がんで十回もの入退院を繰り返した。六回の手術に四種類の抗がん剤治療。
もちろん本人が一番苦しいに違いないが、ゆう子さんも心身ともに疲弊した。

娘さんと二人して交替で週に三回通った。
遠方の病院まで電車とタクシーを乗り継いで行くだけでふらふら。
ご主人は帯状疱疹の痛みでも苦しんだ。鎮静剤もほとんど効かない。
うつになり、ゆう子さんにひどく当たる。
ストレスが募り、ゆう子さんも倒れて入院してしまった。
自身の体重も十キロ近く減り、
「このままだと、どっちが先に死ぬかわからないな」
と思うまでになったという。

そんなある日のこと。町内の仲良しの友達から声を掛けられた。
「ねえ、桜見に行かない?」
ゆう子さんは、すっかり季節が春になっていることさえ忘れていた。
「車の中から見るだけでもきれいだよ」
真っ暗になっていた心の中に、春風が吹いてきた気がした。
「どこでもいいから、連れて行くよ。見たいところを言って!」
車の運転の得意な彼女に任せて、ドライブに出掛けた。
桜の名所で有名な地元の並木道、そして東谷山へ。
満開の桜を見て、生き返った気がした。
その翌月、ご主人は亡くなった。

「あれから七年がたちます。
 その友達に夫の看病をしていると話したことはありますが、
 切羽詰まった状況だとは知らなかったはずです。
 でも、それを察して花見に誘ってくれたのです。
 いまだにお返しもできなくてごめんなさいね。
 ずっと、あの時のことを忘れません。ありがとう」

<中日新聞掲載 2017年3月26日>