たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

月刊誌プチ紳士からの手紙






小冊子_表紙「ギブギブ」

souji_bnr02

第1452号 ほろほろ通信『ドッコイショ』志賀内泰弘

昨年、名古屋市瑞穂区の岡本哲明さん(66)は大病を患い手術をした。
数日後、主治医の許可が出て、喜んで一階のコンビニへ出掛けた。
とはいっても激痛をこらえ、コロコロと転がる点滴棒を支えにしてゆっくりと歩く。

健康な時なら、なんとも思わない距離が、まるで旅のように長く感じられた。
コンビニが廊下の二十メートルほど先に見えた。
「もうすぐだ!」とほっとした。
いったん立ち止まり、首から下げたポシェットから小銭入れを取り出したその時だった。
不覚にも小銭入れを落としてしまった。
点滴棒には体からいくつもチューブがつながっていて、拾おうにもしゃがめない。
助けを呼ぼうにも、診察時間が終わり院内に人影がない。

立ち尽くして途方に暮れていると、そこへつえをついたおばあさんが通り掛かった、
ひどく腰が曲がっていて、歩くのも難儀な様子。誰かのお見舞いに来たのだろうか。
「さすがに、この人に頼むわけにはいかないなあ」と思った。
ところが、おばあさんは岡島さんの窮状を察して近寄り、小銭入れを拾おうとした。
でもおばあさんもしゃがめない。
申し訳なくて「いいですよ、結構です」と言ったが、何とか出を伸ばして拾おうとする。
ついにはつえを床に倒したかと思うと、ぺたんと座り込んで小銭入れを拾ってくれた。
岡島さんに小銭入れを差し出すと、つえで体を支えて「ドッコイショ」と立ち上がった。

「おばあちゃん、ごめんなさい、ありがとう。
名前を尋ねましたが、黙って去って行かれました。
追いかけることもできず・・・。
病気のおかげで人のぬくもりに触れることができました」
と岡島さんは話す

<中日新聞掲載 2017年2月19日>