たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1438号 ほろほろ通信『おばあさんのピースサイン』志賀内泰弘

豊田市の井郷中学校では、地域貢献ボランティアに取り組んでいる。
どこへ出掛け何をするかは生徒の自主性に任せる。
だが、校長の鈴木正則さん(56)は、
活動日の十二月二十一日を前に不安を抱いていた。

ボランティアを申し出ても、親切の押し売りになるのではないか。
反対に気遣われたりするのではないかと。
そんな中、三年生の五人(林英知さん、青木峻馬さん、鈴村健斗さん、田口すみれさん)は、
お年寄りのために何か役に立てないかと考えた。
たまたま渡辺さんが以前、高齢者介護施設でボランティアをしたことがあり、
そこでの体験談をみんなが覚えていたことがきっかけだった。

早速、地域包括支援センターで一人住まいの七十歳代のおばあさんの家を教えてもらい、
五人で出掛けた。まず「何か困っていることはないですか」と尋ねた。
足が不自由で庭のそうじができないと聞き、一時間半かけて草取りをした。
つる草が伸び放題になっており、かなり難儀をした。「他に何か?」と尋ねると
「ガラス拭きをお願いできるかな」と頼まれ、ピカピカになるまで磨いた。
おばあさんはアイドルグループ『嵐』のファンだそうで、
終わった後、おしゃべりに花が咲いた。

鈴木さんは後日、そのおばあさんに「ご迷惑をおかけしませんでしたか」と尋ねた。すると…。
「何をしてほしいか聞いてくれたのがうれしかったです。
でも一番は孫と同じ年頃の子たちと話しができたことです。
ありがとうございます」とお礼を言われた。

「おばあさんが生徒たちの真ん中でピースサインをしている記念写真を見て、
私の心配は杞憂だったと思いました」と鈴木さんは話す。

<中日新聞掲載 2017年1月29日>