たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1747号 たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『声をかけてくれてありがとう』

<掲載時のお名前>かけちゃんさん
<年齢>39
<性別>女性
<住所>奈良県奈良市

<心に響いた「たった一言」>
「声をかけてくれてありがとう」

<「たった一言エピソード」>
横断歩道を渡る白杖をついた男性を見かけた。どんどん左にそれて渡りきる頃には停車している車にぶつかりそうになっていた。思わず後ろから声をかけた。その男性は横断歩道を渡った先のバス停からバスに乗りスーパーに行くとのこと。

ちょうど同じバスに乗る私は男性とバスを待ち乗りこんだ。バスの中では新しく開店したそのスーパーの話題で盛り上がった。わずか10分程の会話であったがとても楽しかった。そして、その男性が別れ際に私に言った。
「声をかけてくれてありがとう」と。

まだバスを降りない私はこの言葉に対して何と返答したのか覚えていない。ただ、窓の外の男性を見送りつつ胸が熱くなったのを覚えている。男性はバスに乗る前に何度も行先を確認し、私と会話しながらも乗り過ごさないか気にしていた。目が不自由な人が一人で出かけることがどんなに大変か私には想像がつかない。

でも男性のこの一言をきっかけに、私は積極的に目の不自由な方に声をかけるようになった。座席を譲ったり、道を案内したり、おせっかいかな迷惑かなと思う時もこの一言が私の背中を押してくれる。

あの日以来、あの男性を見かけることはないがこの言葉は私に人を助ける勇気をくれた言葉として私の心に刻まれている。