たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1740号 たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『「な」の字がきれいだ』

<掲載時のお名前>遠里小野の洋ちゃんさん
<年齢>66
<性別>男性
<住所>茨城県守谷市

<心に響いた「たった一言」>
『「な」の字がきれいだ』

<「たった一言エピソード」>
小学一年生の時、作文を書く時間があった。私は作文を書けなかった。書き方も分からなかった。

こんな感じだった、「ぼおくうわあ、さあかあなあをとおたあ。・・・」母音を一緒に書いてしまうのだ。

そんな私の作文の中で、先生は褒める箇所を探してくれたのだ。「『な』の字がいいよ。きれいに書けてるよ」と笑顔で言ってくれた。

私はうれしくて、うれしくて、それ以来、作文の練習をして、作文を書くことができるようになった。勉強をすることが楽しいと思えるようになった。