たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1736号 たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『座りますか?』

<掲載時のお名前>ゆづきのママさん
<年齢>54
<性別>女性
<住所>京都府京都市

<心に響いた「たった一言」>
「座りますか?」

<「たった一言エピソード」>
私は内部機能障害者です。外見からはほとんどの場合、障害者とはわかりません。しかし、しんどいのです。バスや電車で立っていることが。ヘルプマークという内部障害者等、助けが必要な人がつけられるマークがあります。私もつけていますが、まだまだ認知度が低いのかバスや電車で席を譲られることはありません。いつの間にか淡い期待も持たなくなりました。

ある日、バスで立っている私に後ろから声をかけてくれた人がいました。
「座りますか?」
「ありがとうございます」
そう応えた私は自分でも驚くほど素直に席に座りました。
「座りますか?」その一言には「どうぞ」でも「代わりましょうか?」でもない何かがあったのです。

それは私にとって、人の親切に対して身構えず気楽に考えるきっかけになりました。恐らく私に声をかけてくれた人が気楽に心のままに声をかけてくれたからだと思います。だから私も高齢者や私のように助けが必要な人には前よりずっと楽に声をかけられるようになりました。

たった一言「座りますか?」のおかげです。