たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1729号 たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『たいしたことないですよ』

<掲載時のお名前>猫村猫さん
<年齢>27
<性別>女性
<住所>千葉県千葉市

<心に響いた「たった一言」>
「たいしたことないですよ」

<「たった一言エピソード」>
中学生の頃、一時期不登校になり保健室登校をしていました。担任の先生がしょっちゅう熱心に電話をくれて、それがまたプレッシャーになり人に迷惑をかけている罪の意識と学校に行けなくなってしまった弱い自分責めました。すっかり自信をなくしてしまい、余ってしまった人生をどう消化していくか悩む日々でした。

ある日 校長先生から電話がきました。私が不登校になってしまって学校に迷惑をかけていることを謝罪すると、

「大丈夫だよ。人生は長いからね。今は大変に思うかもしれないけれど、長いスタンスでみたら一瞬のことだから、たいしたことないよ」

と言われ、その言葉を聞いてから前向きになれました。その時に言われた言葉が忘れられません。