たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1714号 たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『あなたは、どうしたいの?』

<掲載時のお名前>マコさん
<年齢>39
<性別>女性
<住所>千葉県山武郡

<心に響いた「たった一言」>
「あなたは、どうしたいの?」

<「たった一言エピソード」>
以前、職場の女性上司に言われた一言です。

「あなたは、どうしたいの?」

私は、他の人に合わせたり、従うことが美徳のように思っていた時期がありました。もちろん、人に嫌われたくないという我欲もあったと思います。いつも自分を抑えてばかりいると、不満が溜まり、気持ちに余裕がなくなり、他者にも自分にも思いやりが欠けてしまいます。

場合によっては自分を抑えることも大事ですが、自分の意思があるからこそ、他の人の意思も理解でき、尊重できるのだと思います。協調性の意味をはき違えていました。厳しい口調でしたが、実はこちらを思っての一言だったと感じ、大切な気づきを頂きました。

その後は、まず私が主体性を持ち、そして、周りの人達と折り合っていくということを意識して過ごしております。