たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1692号 たった一言でコンテスト受賞作品★ちょっといい話で賞★『仕事は場数と場慣れよ!』

<氏名>駒井美穂さん
<住所>大阪府大阪市

<心に響いた「たった一言」>
「仕事は場数と場慣れよ!」

<「たった一言エピソード」>
今から23年前、就職氷河期にやっと就職したデザイン事務所で女性社員からパワハラを受け、鬱状態になった私。逃げるように退職し、気の毒に思った恩師が3カ月間、アルバイトで仕事をしにおいでと拾って下さった。

仕事がトラウマになっていて、何をやっても上手くいかず、裏目裏目に出る始末。こんな私、何の役にも立たないし、これからどうやって生きていったら良いのか分からず、しくしくと泣くしかなかった。

恩師の会社にはN先輩という2歳年上の女性がいた。そのN先輩が言った。
「あのね、今は何にも出来ないと思うけど仕事はね、場数と場慣れなの! いつかきっとそんな時代もあったねえと笑える日が来るから、あんまり落ち込まないの!」

場数と場慣れ? その時は意味が分からなかった。

そして、あれから23年経った。
「仕事はね、場数と場慣れなの!大丈夫、そのうち出来るようになるから!」
そんな言葉を後輩にかけるようになった私。

ねえ、N先輩、時間はかかったけど私、元気に仕事をしています。数々の場数と場慣れを繰り返し、逞しくなりました。先輩の言葉にはいつも励まされています。