たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1650号 たった一言でコンテスト★こころぽかぽか賞★「二人三脚なんだよ」

<掲載時のお名前>福岡さん
<年齢>25
<性別>女性
<住所>福岡県福岡市

<心に響いた「たった一言」>
「二人三脚なんだよ」

<「たった一言エピソード」>
実家暮らしを24年間送り、学生時代の先輩と3月に結婚しました。
結婚生活1ヶ月で妊娠が発覚し、それまでは銀行員として
営業をばりばり行なっていたのですが、
体調が安定しないため専業主婦としての生活に切り替わりました。

最初のうちは、つわりがひどい方だったので
毎日一生懸命家事を行うだけで精一杯でした。
しかし、徐々に体調も安定してきて、
旦那の給料に頼ることが申し訳なく感じ、
家事しかしていない自分が社会から孤立しているようにも感じました。

昼間友達とご飯に行くのも、旦那のお金。
私がこうして遊んでいる間も旦那は働いてるのに…と引きこもりがちになり、
先週ついに何かあったわけではなく子どものように泣いてしまいました。
その時旦那に、

「二人三脚なんだよ。
俺一人だと家事まで手が回らないし、
家事を頑張ってくれてるから仕事ができてるんだよ。
それにお腹の中で今子どもを育ててくれてる。
すごいことだよ」
と言われ、私も旦那の助けになっていたということを知れて、
その日以降は少し気が楽になり健康な赤ちゃんを
産もうとリラックスして日々過ごせています。