たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1564号 たった一言でコンテスト★ハッピー賞★「そうだよ、お前もだよ」

<掲載時のお名前>みーみさん
<年齢>36
<性別>女性
<住所>千葉県千葉市

<心に響いた「たった一言」>
「そうだよ、お前もだよ」

<「たった一言エピソード」>
私には4歳双子の長男長女と1歳の次女、3人の子どもがいます。
そして近居の父母には双子が小さいころから手伝いをしてもらったり、
公園に連れていってもらったりと何かと世話になっていました。

子どもの成長は早く、上の二人はあっという間に
ひとりで駆けていくようになりました。

ついこの間生まれたような気がする次女も
まだまだ上手ではないけれど歩きだしました。

ある日、父に手を引かれてよちよち歩く次女の後ろ姿を見て、
私は双子の小さいころを思い出し、
「あの子たちもこうやって手をつないでたのにねぇ」
と言いました。

すると父は、
「そうだよ、お前もだよ」
と言ったのです。

何気ないその一言で父と手を繋ぐ
小さいころの自分の姿が思い浮かんで
父にとって自分は当たり前だけど娘で、
ずっと愛情をかけて育ててもらったんだ
ということが改めて分かった気がしました。

これからその愛情を自分の子どもたちに伝えて、
父母にも返していきたいと思っています。