たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

月刊誌プチ紳士からの手紙






小冊子_表紙「ギブギブ」

souji_bnr02

第1474号 たった一言でコンテスト★ホスピタリティ賞★「全力を出しきれたのか?」

<氏名>鈴木さん

<学校名・学年>
静岡県立浜松西高等学校中等部

<心に響いた「たった一言」>
「全力を出しきれたのか?」

<「たった一言エピソード」>
私が小学校六年生の時、市の陸上競技大会がありました。
半年以上前から練習を始め、学年全員が一種目以上出場します。
私が出場した種目は800メートル走でした。

夏休みなどの暑い日もがんばって練習してきました。
緊張しながら迎えた本番のレース。スタートからずっと一番で、
最後のコーナーで2位との距離を確認し私は油断していました。
そして、最後の最後で抜かれてしまいました。結果は0.3秒差で2位でした。

観客席に戻った私に父が声をかけました。
「全力を出しきれたのか?」  
その言葉で私はハッとなりました。
自分の全力を出せば、一位になれたかもしれないと、
くやしさが込み上げてきました。

その日から私は「自分の全力を出す」ことができるよう、
一つ一つのことに取り組むようになりました。
大事なことを気づかせてくれた父に感謝しています。