たくさんのいい話をたくさんの人に読んでもらいたい・届けたい・広げたい【運営】プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動

無料メールマガジン
いい話を読む
いい話を投稿する
みなさんの感想
いい話グッズ購入

いい話を読む

第1833号 たった一言でコンテスト受賞作品★ホスピタリティ賞★『いてくれてよかった』

<氏名>岡本さん
<学校名・学年>池田学園池田中学校

<心に響いた「たった一言」>
「いてくれてよかった」

<「たった一言エピソード」>
夜、一人の時間から、朝になり家を出る時間になると、何故か、透明になった気がする。

昼間は色々な人と話し、目立ちすぎないことや、傷つけず、笑わせることばかり考えて、自分はいないような気になる。

そんななかで、共感や押し殺すことだけではなくて、その人だけの言葉を垣間見たり、そういう自分に「いてくれてよかった」と言われたりしたときが、とても輝いた時間に思えた。

私は、笑わせることもできないけれど、どんな「自分」であっても、どんな人であっても、肯定してくれる言葉だと思った。